女性のドライバーが急増中?!運送業界の今

女性が活躍するドライバーの世界

以前は男性の職場というイメージが強かった業界ですが、最近では働き方や環境が変わったことから女性も活躍できる場所へと変わってきました。

それには、この業界において男女での給与差がなくなってきたことや、労働時間の改善により働きやすくなったこと、また国を挙げてトラガール促進プロジェクトを進めているという背景が関係しています。

国土交通省自動車局では、女性ドライバーをトラガールとして、促進プロジェクトを立ち上げて、女性進出しやすいようにしています。
これにより女性比率は2.4%にまで上昇し、その数も徐々に増えているのです。

また、現在は男性と同じ働き方ではなく、それぞれの環境に合った働き方が選択できるようになり、家事や育児とも両立しやすい環境が整ってきています。
そのため、大型の免許がある場合は長距離やダンプの運転など、それ以外でも小口荷物の配送や地域のルート配送など、自分に合ったドライバーとして活躍できるようになっています。

 

女性ドライバーだからこそのやりがい

ドライバーとして働くことで、仕事にやりがいを感じる機会も増えてきますが、どのような時にやりがいを感じるのでしょうか?

・かっこいいと言われる
まだ女性の中でも少ないドライバーを充実して行っていると、かっこいいと感じたり言われたりすることも多いでしょう。
充実して働く姿は憧れの対象になりやすいため、自信にもつながっていくでしょう。

・感謝される
単身で住んでいる高齢者宅では、女性ドライバーが歓迎されることが多くあります。
きめ細かい気配りや配慮ができるのも女性だからでしょう。
感謝の気持ちはやりがいにもつながっていきます。

・自分に合った仕事が選べる
ドライバーでも家庭や育児に合った働き方ができるため、それも自分の頑張りに大きく関係してきます。

・優しく接してもらえる
どうしても重くて大きな荷物は自分の力だけでは運びにくい部分もありますが、そのような部分は男性が手伝ってくれます。
男性の多い職場で優しく接してもらえる機会も多いでしょう。

働きやすい環境があるからこそ、このような部分にやりがいを感じます。
運転が好きな方や仕事の達成感を感じたい方は、ドライバーとして働くことも検討してみてはいかがでしょうか?