安全運転の心得

安全な走行を常に意識する

ドライバーとして避けたいのが交通事故や交通違反です。
運送業の場合、安全かつ確実に輸送するために交通事故を防止する信念が重要と言えます。

最近は煽り運転に関する事故が多く、ドライバーの中にも経験している人は少なくありません。
自分自身やたくさんの人を巻き込む事態を招くこともあるので、他のドライバーも運転していることを考えて道路を走行しましょう。

また、赤信号で停止、わき見運転をしないなど交通ルールを遵守することを常に意識し、定期的にルールを確認して厳守してください。

 

日常的な点検で安全を確保

ドライバーが安全に運行できるように、車両は常に万全な状態でなければなりません。

万全な状態を維持するためには、日常的な点検が求められます。
例えば、業務の開始前後に対面による点呼があると良いでしょう。
1人のチェックでは不備が見落とされる可能性があるので、他者による確認や報告をすることで不備のリスクを回避でき、安全に業務を遂行できます。

また、報告の際は偽りなく正しく伝えることがトラブルや事故の回避につながります。

 

エコドライブも安全につながる

エコドライブは環境の保全だけではなく、交通事故の防止や経費削減にも効果があるとされているので、ドライバーは環境に配慮した運転を心掛けてください。

具体的にどんなことを心掛けるとエコドライブにつながるのか、ドライバーが押さえておきたいポイントをいくつかご紹介しましょう。

  • 発進は穏やかで徐々に加速
  • 低速走行を心がける、経済速度を遵守
  • 早めに一段上のギアでシフトアップ
  • エンジンブレーキを多用する
  • 無駄なエンジンの空吹かしは控える
  • アイドリングは必要最低限にする
  • 予知運転に徹底してストップアンドゴーの回数を抑える

エコドライブを意識すると心に余裕が生まれるので、安全意識も高まりやすくなり、事故の防止につながります。

ドライバーの方やこれからドライバーとして働く方は、ご紹介した3つのポイントを意識し、安全第一で仕事に取り組みましょう。