面接の準備はここを抑えておこう!

面接のための準備

まず、運送業の面接というと見た目よりも運転技術のみを重視されるように感じますが、運送業はその会社の看板を背負って運転するため、しっかりと面接でふさわしいかどうかを判断しています。

そのため、企業の面接と同じように履歴書を用意していき、面接にふさわしい服装で行くようにしましょう。

基本的な持ち物は履歴書、印鑑、筆記用具、免許証ですが、他にも会社から指定されたものがあれば持参してください。
履歴書もポケットに入れたりそのまま持っていくのではなく、きちんとかばんに入れて持っていきましょう。

 

ドライバー面接でのNGは?

ドライバーの面接では、運送会社など普段作業着で仕事をする機会が多くなりますが、当日は作業着や普段着では行かないようにしましょう。
スーツで行くのが最も良く、身だしなみもきちんと整えておくことが大切です。

また、ドライバーとして働くため、正確な時間を求められることがあります。
時間に遅れないようにするためには、会場までのルートや時間を考え、開始時間の5分前には到着するようにしておくと良いでしょう。

ドライバーとして働くことを希望していても、運送先で誰かと接する機会も多く、多少なりともコミュニケーションが必要になります。
きちんと挨拶してから中に入り、質問に対してもテキパキと答えられるようにしておくと良いでしょう。

 

質問内容を想定し、スムーズにしましょう

ドライバーとして働くために、これらのような質問をされることが多くあります。

  • 免許取得からの時間
  • 交通違反の有無
  • この仕事を選んだ理由
  • 同じような職種の経験の有無
  • これからどうしたいか、希望のキャリア

会社にとって即戦力になるかどうかを知るための質問が多くなりますが、それ以外にも安全に運送できるかを聞かれることが多くなります。
ドライバーとして即戦力になることが難しくても、頑張りややる気があればその部分を相手に伝えると良いでしょう。
過去の運転歴などもきちんと答えられるようにしておきましょう。