教育制度について

キャリアパス

近年は、教育制度が充実しているドライバー求人が増えてきています。
国際トランスサービスの求人では、正社員から業務委託への転籍をはじめ、自分が希望しているキャリアアップを実現できる環境が構築されています。
そのため、従業員一人ひとりがやりたいことやキャリアがはっきりしているのも求人の特徴で、ドライバーとしての経験を積みたい、事業所長になりたい・幹部クラスになりたいなど、明確なキャリアを目指せるのが国際トランスサービスの求人の魅力です。

特に、キャリア志向の方は事業所長→支店長→課長→部長などキャリアアップができる仕組みとなっています。
自分の働き方次第で、プロドライバーにも幹部候補にもなれるのです。

 

交通安全品質向上運動

交通安全品質向上運動とは、3ヶ月に1度の車両整備や適宜ドライバー研修・運転適性診断などの技術力やシステムなどの教育制度のほか、従業員の健康管理についても徹底しています。
健康管理については、定期健康診断はじめ、定期的に上長との個人面談等の取り組みを行っています。

国際トランスサービスの求人には、ドライバー経験者だけでなく未経験者からの応募も多く集まります。
そのため、基礎的な物流の知識や経験を積みながら、従業員一人ひとりの教育や健康管理を徹底できるように配慮しています。

 

悟空塾

国際トランスサービスでは、日々学習して人間力向上に努め、配達品質の向上を目指しています。
悟空塾はその取り組みの一貫であり、定例開催しているものです。
「社長悟空塾」や「事業所長悟空塾」などを業務の階層別に開設しており、教育研修を行っています。
それぞれの等級や役割に適した内容の研修をすることで、ステップアップやキャリアアップを図っているのです。
悟空の分身の術を基に、教育システムの質を均等にし、運営しています。

さらに、人間力を高めるために従業員は顧客の声を基にして実際にあった場面などを想定した演劇(ロールプレイング)をしています。
演劇形式の教育は、実際の現場を想定しやすくドライバー一人ひとりの意識向上につながっているのです。
また、演劇の場を通じて地域住民とのつながりを再確認できるのも魅力と言えるでしょう。

未経験者でも安心の教育制度が充実した求人なので、ドライバー業に興味がある方はぜひチェックしてみてください。